ブラックキャッシングの基礎知識

0f549c29f20cca5917583323a0d7c892_s

ブラックキャッシングのご利用を考えられている方は、大方他の消費者金融等で審査が通らず、困り果てた末にこのキャッシングにたどり着いたのだと思います。
そういった方のために、ブラックキャッシングの概要、そしてご利用時の注意点等についてご紹介しています。

◯複数の借り入れをしている場合
今既に借り入れしている企業に追加での有志を申請して、断られらたという方はいらっしゃいませんか?
複数のローンを組むとお申し込みブラックに陥ることになるので、こういった場合にはおまとめローンがおすすめになります。しかし複数融資を受けてお申し込みブラックになり、どこの企業からも借り入れできなくなってしまった場合にはブラックキャッシングを利用しましょう。審査自体は普通の消費者金融よりも簡単です。審査内容も一般とは異なり、利用者の人間性を評価して決めます。質問内容はかなり細かいことも聞かれると思うので、ご利用の際にはきちんと素直に答えましょう。

◯総量規制の対象になっている場合
融資を受ける際には総量規制というものが取り決められてろい、年収の3分の1を超えてローンを組むことができなくなっています。銀行は総量規制の対象外となっており、年収の3分の1を超えてローンを組むことができますが、審査はかなり厳しいものと言えるでしょう。間違っても闇金融に手を出してはいけません。

◯ブラックリストになってしまった場合
返済が滞る、あるいは自己破産した場合には事故情報が登録され、信用情報機関に保管されます。その情報が全ての金融機関や消費者金融と共有されることになりますので、金融事故があるとほとんどの企業で融資を受けることができません。
その際にはこのブラックキャッシングしか利用する手立てはないとも言えるでしょう。

ブラックリストに登録されてしまうと、3ヶ月の支払い遅延の場合は5年、自己破産の場合は5〜10年、任意整理・特定調停の場合は5年、個人再生は5〜10年間の間、カードローンやクレジットカード、住宅ローンや自動車ローンを使用することができなくなります。

ブラックリストの載った場合、利用できるブラックリストは大方中小規模の企業になります。CM広告をバンバン打ち出しているような大手消費者金融は審査の際に必ず信用情報機関に問い合わせて情報を確認します。しかし中小規模の企業は独自審査を行っているため、ブラックでも借りることができるのです。中には闇金融から看板を変えてブラックキャッシングをしている企業も多いため、利用の際には綿密なチェックが必要です。
インターネットで調べるならランキングサイトで上位に掲載されているようなキャッシング業者がおすすめです。