債務整理のリスクを理解しよう

債務整理とリスクはセットになっています。

ですから債務整理を行うと金融事故となってしまいますから新たな借金を行う事は出来なくなります。

どうして金融事故となってしまうのかと言うと、債務整理を行う事で手続きが完了するまでは支払がストップしてしまうのです。

支払がストップする事は滞納と変わらないのです。

手続きを終わらせるには数ヶ月掛かってしまいますからその間に金融事故として信用情報に登録されてしまうのです。

事故情報は数年経過すれば削除されますから、削除されてしまえば任意整理前と同じように借金も出来るのです。

しかし任意整理を行った貸金業者は、新たにお金を貸してくれない事が多いのです。

複数の貸金業者と任意整理の交渉を行った場合、任意整理後、借りれないところが増えてしまいます。

借りにくくなることで諦めがつき、ムダに借金をする事もなくなるでしょうからこれはリスクとはならないのです。

なんのリスクもなければ良いのですが、返済中に返済条件を変えてもらうわけですからリスクを受けるのは当然の事なのです。 債務整理 山梨|過払いなら山梨借金相談ホットライン  http://forosperu.net